Bz 着うた取り放題

Bz

1987年、音楽制作会社ビーイングに所属しTM NETWORKなどのツアーサポートやスタジオ・ミュージシャンとして活動していたギタリストの松本が、「自らの音楽を表現できるバンドを創る」という構想のもと、バンド結成へ向けた活動を開始。
1988年5月、ボーカリストを探していた松本は、ビーイングの社長で音楽プロデューサーでもあった長戸大幸から1本のデモテープを渡される。
そのデモテープは稲葉が、T-ボーン・ウォーカーの「T-BORN SHUFFLE」、レッド・ツェッペリンの「YOU SHOOK ME」、ビリー・ジョエルの「Honesty」を歌ったものが録音されていた。
長戸はB'z結成の2、3年前から「稲葉を何とかしたい、早くデビューさせたい」と事あるごとに言い続けていたという。
こうして長戸を介して、2人は会う約束を交わし、その後2人はユニットB'zを結成。

 

1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」、アルバム『B'z』の同時リリースでデビュー。
1990年リリースの4thシングル「BE THERE」がシングルチャート初登場7位となり、そして同年リリースの5thシングル
「太陽のKomachi Angel」が初のオリコンチャート1位を記録。
現在にかけて、シングル連続初登場首位獲得数やアーティスト・トータル・セールスを始めとする日本音楽界における数多くの記録を樹立し、『日本が誇るロックユニット』と呼ばれるまでの人気を博した。